早漏治療が必要な過敏性早漏とは?症状をチェック

早漏はちょっとした刺激にも反応してしまい、通常よりも早く射精してしまう症状になります。
早漏には性交に対する自分の考えやトラウマなどから影響している心因性の他に衰弱性などのタイプの他に、自分自身の身体的な事が要因の過敏性早漏の場合もあります。
特に過敏性早漏の場合は外部からの刺激に直ぐに反応してしまい、射精がとても速くて悩んでいる人も多いです。
自分自身だどのタイプの早漏なのかを把握することで、適切な治療や改善方法が異なるので症状チェックを行い把握することが必要です。
過敏性タイプの場合は、3つのポイントを押さえてチェックすることで判断することができます。

仮性包茎などの状態にある

自分が早漏だと感じている場合に、タイプを把握するポイントとしてペニスの皮の形状をチェックする方法があります。
本来であれば皮がむけて亀頭が露出した状態にありますが、包茎の場合は皮が亀頭にかぶっていたり全体を覆っている場合です。
その場合は皮が亀頭を保護している事になり、より刺激に敏感になってしまっている状態となります。
普段生活しているなかで亀頭が露出している場合であれば、パンツなどの擦れから受ける刺激も通常であるため何も問題ありません。
仮性包茎や真性包茎の場合は完全に亀頭が露出しておらず、刺激に敏感になりパンツとの擦れであっても刺激を感じてしまう場合も多いです。
包茎の人は多くいますが、早漏の原因の1つとも考えられているので、早漏治療として包茎手術を行うことも検討することがポイントです。
亀頭が露出した状態が通常になれば、敏感だった刺激にも慣れてくるのでより早漏を克服しやすくなります。
また包茎の状態のままは見た目だけでなく性交時や衛生面でもハンデのある状態なので、出来るのであれば直ぐに適切な治療を行い正常な状態にする事が重要となります。
早漏治療として、包茎治療も大きく関係しているのがポイントです。

早くマスターベーションを済ませるようにしている

男性は女性に比べるとマスターベーションを行う割合が高く、年齢を重ねてと行う人はとても多いです。
このマスターベーションを行う時間ですが、体力面や精神面などが関係しますが時間も大きく影響してきます。
早漏の方のマスターベーションの特徴として、時間が極端に短いという人が多い傾向があります。
時間にして10分以内に済ませている人の割合が多く、中には5分以内という場合もあります。
時間がない人やマスターベーション自体に時間をかけたくないという理由から、意図してあえて短く時間をかけないという人も多いです。
早く射精してしまう癖がついてしまうと、結果としてそれが早漏に繋がってします。
またパートナーとの性交時も相手を考慮した刺激を与える事が難しくなり、射精をするタイミングをつかみにくくなるのも原因の1つです。
自分が早漏だと感じている人は、自身のマスターベーションの時間もチェックして早い場合は改善する早漏治療が重要です。
最低でも10分から15分ほど時間をかける事が、早漏治療として有効的な方法になります。
マスターベーションで早く射精しそうになったら我慢するなどし、長く時間をかけられるように工夫することが大切です。

年齢が若く運動することが好き

早漏の中でも過敏性早漏タイプの特徴として、自分自身の年齢や健康面でも大きく影響しているという点を理解する事が大切です。
過敏性の場合の特徴として、若くて健康的な体というのも多きく影響している場合があります。
若い年代の人は好奇心も性欲も強く、また体力面でも恵まれています。自分自身の年齢が若く体を動かす事が大好きだという人であれば、それは健康的で健全な若者だからこそ起こる状態が影響している早漏とも言えます。
若い年代だからこそ敏感性早漏になっているタイプであれば、歳をとる事で自然と克服出来る場合も多くあります。
性欲も徐々に落ち着き、刺激なども経験などを重ねることで慣れてくる部分も多いです。
その場合はあまり気にしすぎないという事も大切なので、ある程度年齢を重ねるまで様子を見るという方法もあります。
ただし早漏の原因となる包茎やマスターベーションの時間などは、自分でしっかり意識して対処しておくことは大切です。
若い年齢と健康的な体が影響している分には自然に受け入ることで、気にしすぎによる精神的ストレスなど別の要因となる早漏を引き起こさないように生活する事も早漏治療の方法の1つです。

まとめ

早漏の種類となる過敏性早漏には、多くのポイントがあります。
若い年代や健康的な体というだけでなく、普段行っているマスターベーションの時間や包茎といった事も関係しています。自分が早漏だと自覚している場合は、その中でも過敏性早漏となるチェック項目が当てはまるのであれば直ぐに早漏治療を行い改善することで早漏を克服することが可能です。
自分がどの種類の早漏なのかをしっかり理解することで、原因を理解し対策する事に繋がります。
精神的に深く悩んでしまう前に、自分の症状と向き合って早漏治療に取り組むことで早い解決が可能です。